スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

学びの秋「ヨガ解剖学シリーズ」

こんにちは、インストラクターの渡邊武智です。

秋の青空が気持ちいい気候の中、秋の解剖学集中講座が10月11日(日)に開催されました。

今回も講師は理学療法士の笠原稔也先生です。
3連休中にも関わらず、30名近くの皆様にご参加頂きました。

第一部のテーマは、「自律神経とヨガ~心と体をつなぐ身体の仕組み」です。
現代社会に置いて、ストレスが原因で自律神経のバランスを崩してしまう方も多いと言われていますよね。
私達が生きて行く上で大切なのは自律神経のバランスだということを学びました。
笠原先生による解説とデモンストレーションを踏まえながら、分かりやすく講義は進んでいきます。
交感神経と副交感神経の意外な関係に参加者全員興味津津でした。

IMG_0063_convert_20151012173632.jpg

実践編では脊髄に存在する私達のやる気スイッチと言われる交感神経をウディアヤーナ・バンダで刺激していきます。
次第に皆さんの表情が明るくなっていくのを感じました。

IMG_0070_convert_20151012174158.jpg
ウディアヤーナ・バンダの実践

IMG_0081_convert_20151012173728.jpg
皆さんの集中力が伝わってきます。

IMG_0115_convert_20151012173746.jpg

第二部のテーマは「ヨガの呼吸法とストレスマネジメント」です。
プラーナーヤーマの実践と呼吸法が身体へどういった影響を与えるのかを学びました。

息と言う漢字を「自らの心」と書くように、私達の呼吸は自らの心と密接に関係しています。
呼吸をコントロール出来れば心もコントロール出来るということで、実際に様々な呼吸法にチャレンジしてみました。
キーワードは二酸化炭素です。

写真はシンハアーサナ(ライオンのポーズ)。
吐く息と共に舌を出し目線を上に白目をむく呼吸法です。
人に見られたくないような表情になりますが(笑)、思い切ってやってみると非常に気持ちが良い事がわかりました!

IMG_0103_convert_20151012190150.jpg

ストレス社会と言われる現代を幸せに生き抜くためにすぐに活用できる知識が満載のワークショップでした。

毎回大反響の人気シリーズ。
笠原先生による分かりやすい「ヨガ解剖学」次回は来年の3月に開催予定です。どうぞお楽しみに。

渡邊武智
スポンサーサイト
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
リンク
このブログをリンクに追加する
検索フォーム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。