スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ファウンデーション・コース体験記④

こんにちは、受付スタッフの平地です♪
1週間がすぎるのはあっという間!
今週もまた、ファウンデーション・コースの日がやってきました。

4回目はいよいよ、解剖学のスタート。
そう、いつもスタジオの端でみんなのアーサナを見守っているスケルトンの出番です!
加藤香耶先生は、親しみを込めて“トミー”と呼んでます^^♪

01.jpg

まずは、トミー君を使いながら、骨の形状や特徴について先生から解説してもらいます。
それから自分の身体で実際の骨の位置や形を確認していくわけですが、
自分で見えなかったり、手が届かない場所は、ペアになって確認しあいます。

02.jpg

骨に続いては筋肉。
ですが、トミー君には筋肉がありません・・・・・・。

そこで、真先生がカラーテープを使って、トミー君の身体に筋肉をつけていきます。
今日はこんな筋肉がついたトミー君です。

04.jpg

後半のアーサナでは、解剖学で習った筋肉を意識しながら、前屈を深めました。
前屈って、ひたすらストレッチを重ねれば深まると思われがちですが、
実はそうではなく、筋肉を使い、筋肉をつけることが大事なんです!

そのことを、お互い負荷をかけあって筋肉を使いながら試していきました。

実際、筋肉を使った後には開脚の幅も、前屈の深さもびっくりするほど大きくなり、
みんな驚きの声をあげながらやっていました。

05.jpg

身体って面白い!

用語が難しいので、ついつい敬遠したくなる解剖学ですが、
こんな風に楽しく学んでいけるなら、もっともっと学びたくなります♪

トミー君、今日はどうもありがとう!


平地

Trackback

Trackback URL
http://lilayoga.blog90.fc2.com/tb.php/412-58dc1b3b

Comment

Comment Form
公開設定

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
リンク
このブログをリンクに追加する
検索フォーム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。