スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

解剖学集中講座レポートその1

こんにちは。前回の記事でご紹介に預かりました受付スタッフの石坂です。

花冷えとなった先週末の4月4日、5日の2日間にわたり、リラヨガ・インスティテュートでは、理学療法士・笠原稔也先生による「手に取るようにわかるヨガ解剖学」シリーズが開催されました。

IMG_0011_convert_20150407170643.jpg

両日ともほぼ満員の状態で開催された今回の集中講座。まずは4日に行われた「腰痛のヨガセラピー」についてレポートします。

DSCN0172_convert_20150406174240.jpg

一言に腰痛といってもその実態を知らないことが多い私たち。いかに腰痛について興味のある方が多いかよく分かりますね。

腰痛のヨガセラピー講座では、腰痛がなぜ問題なのか、身体と心への影響、そしてそれが社会との関わりから派生してくる実体についてまで幅広く学びました。

また、人やその他動物がどのような脊柱(背骨)の動きで移動をしているかというお話は非常に興味深いものでした。
人は二足歩行となり、背骨を「ねじる」ことで移動をし、それが本来の人の背骨の動きなのだそうです。

講座の中ではペアワークも行い、胸を張っている時、腰を丸めている時など、どのような姿勢が腰に負担をかけるのかをお互いに体感する時間も設けられました。

DSCN0182_convert_20150407171016.jpg

そしてその腰痛に対してヨガセラピーがどのように働きかけるかということについて、アーサナの実践も交えて学びを深めていきました。腰痛のヨガセラピーで行われるアーサナは、ゆっくりとした動きの中で自分が快適で痛みのないところを探していくものです。

講座を終えた皆様からは、「面白かった!」という声が沢山聞かれました。

DSCN0246_convert_20150405214528.jpg


私の周りでも腰痛に困っているという声をよく聞くので、早速学んだことを活かしていきたいと思います!


石坂

Trackback

Trackback URL
http://lilayoga.blog90.fc2.com/tb.php/428-82fc18a0

Comment

Comment Form
公開設定

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
リンク
このブログをリンクに追加する
検索フォーム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。